お風呂の残り湯の有効活用で、水道代節約!

洋式トイレ私はお風呂の残り湯を使って、水道代を節約しています。今までが使いすぎていたのかもしれないですが、月で200円くらい違いました。元はもったいなくて、湯船も貯めていなかったのですが、寒すぎて湯船を貯めるようになり、それを使い始めました。湯船を貯める時も、空いたペットボトルに水を入れた物を浴槽に入れて、無駄に貯めすぎないようにしています。シャワーだけの時も、お湯になるまでの出しっぱなしの水を浴槽に貯めたりしています。

残ったお湯は、まずは洗濯に使います。全部に使うと気になるので、うちでは洗いの時だけ使うようにして、中のホコリとりも、洗面器に残り湯を入れて、キレイにするようにしています。水道を流しながらするより、洗面器一杯の水ですすげるので、だいぶムダがはぶけます。

あとは、トイレを流すのにも使っています。私はトイレが近いので、これがだいぶ節約できています。浴槽に入れている2リットルのペットボトルで、だいたい一回分は流せます。大の時や、来客の時はさすがにしませんが、一人の時にしています。小の方で一回流すのに、8リットルくらいの水を使うらしいので、ペットボトルだと1/4で済むし、2本使っても半分なので、全然違います。しかも残り湯なのでムダがありません。

それでも残ったお湯は、またペットボトルに入れて、お風呂のかさまし用に使っています。これだけで水道代が違うので、是非やってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)