カサ増しレシピでヘルシーに節約。

光熱費の節約は、家族の努力と協力が必要になりますが、主婦が頑張って目に見える効果のある節約といえば、やっぱり食費の節約でしょう。それでも、食べ盛りの息子がいるので、なかなかおかずを1品減らしたり、量を減らすわけには行きません。そこで役に立つのが「カサ増し」です。
安い食材でボリューム感をUPして、満足感のある食卓にすること。
カサ増しの食材といえば、もやしやキノコ類。それから、春雨、ひじき、高野豆腐、千切り大根などの乾物系など。
しめじのイラスト乾物系は、特売の日や業務スーパーで大量に買いだめをしておけば、ピンチのときにとても役に立ちます。
もやしも、水に浸したタッパーに入れて2日に1回、水を交換すれば1週間ぐらい持つので、我が家の冷蔵庫にはいつでももやしストックがあります。
キノコは、いろいろな種類を買って小分けにして冷凍ストックしておくと便利です。
こういった地道でコツコツした節約カサ増しレシピで、卑屈な気持ちになることもなく、気がつけば、以前に比べて月2万ぐらいの節約につなげることができました。
初めは節約のカサ増しのために食べていた野菜や乾物には栄養がたっぷりなので、結果ヘルシーで、ダイエットにも繋がって、一石二鳥になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)