ペットのためにかかる電気代は仕方ない。

エアコンをつける様子ペットの数が多いため電気の使用量が非常に多く、冬などは2人で生活しているにもかかわらず電気代が3万円をこえる月がしばしば有ります。爬虫類が多いため、室温の低下は彼らの死を招いてしまうので、どうしても室温を下げる事が出来ません。また、暖房器具などの消耗も激しいため、買い替える際にまとまったお金を消費してしまいます。一分、一秒でもいいので長く寿命が持つように、そして電気代を少しでも浮かせるためにも、とにかく神経質なぐらいこまめに電気を消すように心がけています。

同時にメンテナンスもこまめに行うようにしています。エアコンも常時つきっぱなしですが、フィルターの掃除を毎日やり、最高のパフォーマンスが出来るようになるべく手をかけるようにしています。空気清浄機や扇風機も出来るだけ新品に近いようなきれいな状態にすることで、電気代のコストを下げるようにしています。

当然ですが、ペットのケアも気を使っています。動物病院は人間と違って保険がききませんので、レントゲンなどは本当に大きなお金が必要となってしまいます。飼い主としてもなるべく健康なまま天寿を全うしてもらいたいと思っていますので、例えば汚物の処理などはすぐに取り除き、ちょっとでも体調が悪そうだなと思ったら、彼らの住んでいるケージの環境を整えたり、運動不足にならないようおもちゃを用意したりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)