手作り麦茶とマイボトルで飲み物代を節約

水筒私が毎日の生活の中で実践している節約方法は、麦茶を自宅で作り、それをマイボトルに入れて持ち運んでいることです。主人が毎日飲み物を職場へ持っていくのですが、ペットボトルのお茶やジュースを毎日買っていると、一本一本は安くても月に2000~3000円程度はかかってしまいます。また、安く纏め買いしたとしても大量のペットボトルを自宅にしまう場所がありません。

なので我が家では家族分のマイボトルを用意し、それに家で作った麦茶をいれ、職場や出かける際に持っていくようにしています。これなら麦茶パックと水を用意するだけでかさばりませんし、好きな量を好きな濃さで作ることもできます。ペットボトルはもし全部飲みきれなかった場合、次の日に持っていくには衛生的にも気になりますが、マイボトルなら自分の飲みきれる量を調節できるので余さず飲みきることができます。

麦茶パックは値段も安いし一つ買えば小分けのお茶パックが沢山入っているので、毎日作ったとしても1ヶ月半~2ヵ月は持ちます。夏は冷やして麦茶で作った氷と一緒に入れれば、時間がたっても冷たいお茶が飲め、冬はお茶を温めることで温かいお茶を飲むことができます。これはペットボトルでは難しいことだと思います。我が家ではこの方法で節約を行い、飲み物代を月約200円程にまで抑えることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)