節約のコツはこまめに記録をすることから

家計簿とつける様子節約をするにはまず入ってくるお金、出て行くお金を記録しなければいけません。自分なりに作ったものやメモ程度でも構いませんので家計簿か、それに準じる出納帳をつけるようにしましょう。パソコンでエクセルなど表計算ソフトが使える方は合計額がわかる程度の簡単な数式を使うのもよいですね。もちろん手書きでノートなどに記録して手計算をしても構いません。様式は難しく考えず自分なりのものでよいでしょう。

大切なことは2つです。毎日記録することと、項目を細分化することです。毎日記録することは慣れてしまえば簡単です。給料日など収入のあった日、コンビニなどで買い物をしたとき、とにかくお金に動きがあった時は必ず記録することを習慣にしましょう。お金の動きを意識するようになると自然と意識して不必要なものは買わなくなります。

もうひとつは特に支出の項目を細分化することです。たとえば、食費、衣料費、電気代、水道代などです。自分の生活の中で考えられるものに分けていきましょう。あとから追加しても構いません。そして、細分化した項目に収入金額から予算を割り当てていきます。食費○万円、衣料費○万円等です。この項目のなかで月々のやりくりをしていくと、項目の予算を超えるようなお金の使い方をしないようになり、結果節約につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)