冷凍ごはんのストックで昼食代の節約

私が実践している節約方法は、昼食代の節約です。私は営業職で、急な外出もよくあります。なので、お弁当を作る事ができないため、昼食代はコンビニで毎日買っていました。お茶とお弁当を合わせると平均して700円/日。
結構な出費であり、出金日数20日とすると、14000円/月。
この出費を抑えるために考え付いたのが、冷凍ごはんを会社の冷凍庫に入れておく、という方法です。私の会社は冷蔵庫があり、みんなが昼食や飲み物を入れるために使用していますが、冷凍庫はほとんど使われていません。そこで、自宅から一食分毎の量でラップにくるんだごはんを持参し、冷凍庫に常時2食分を置いておく事にしました。

カレーの写真それに加えてレトルトのカレーやお茶漬けを会社のデスクに数食分ストック。外出がないときは冷凍ごはんを解凍して食べることにしました。
レトルト食品は1食150円程度。ごはんは実家暮らしのため0円。お茶も家から水筒を持参するようにしたので、飲み物代も0円。この方法で毎日昼食をとると、3000円/月に節約できました。外回りのせいで外食する事があっても、昼食代は最大5000円/月に収まるようになりました。
冷凍ご飯とレトルト食品なので、急な外出でも捨てることがなく、安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)