月次アーカイブ: 9月 2016

スマホ固定費と変動費に生活費を分類し、それぞれ見直しを行うことにより、お金を捻出しやすくなります。
固定費は、何もしなくても毎月支出されるものであるため、節約できれば効果はとても大きいものです。定期的に通信費の見直しを行い、無駄な部分を削ることで生活費を捻出することができます。固定費の内、簡単な見直しで節約できる通信費は、手を付けやすい分野です。通信プランの見直しを行うと、数十分で簡単に固定費削減が可能。

まず、通信大手3社のモバイル機を使っている場合、無駄な付加サービスを解約します。エンタメ系や健康系などの無くても良いサービスが契約時に付加されているケースが多いので、これらを削減すると、月額1000円程度は固定費を削減できます。また、通信回線についても、カフェ等での無料Wi-Fiを活用すれば、最安値の通信回線プランに切り替えて大丈夫なので、最安値のプランにすれば、月額1000~3000円は固定費を削減。別途Wi-Fiルーターを持っている人は、無料Wi-Fiでの対応に切り替えて、解約かプラン変更。すると1000~4000円もの固定費削減につながります。
変動費については、食費や交際費の見直し効果がとても大きいです。実際、それらの見直しを行ったら、多額の生活費を捻出できました。食費で最優先して削るべきは、飲み会への参加回数でした。一回の飲み会の参加費が大体5000円程度ですが、この分が無くなります。月に4回飲みに行く習慣になっていましたが、月に2回に制限しました。

結果として、およそ10000円の食費を削減することができました。また、外食を控えて自炊生活に切り替えました。近所のスーパーで米・肉・野菜・飲み物をまとめ買いし、自分で食事を作ります。1食およそ200~300円程度で済ませることができますので、結果として、外食生活に比べて月額30000円程度の食費を削減することができたとともに、まとめ買いによるポイントサービスも加わり、次回以降の買い物で出費の削減にもつながっています。家で料理を作れば、料理スキルも身に付くため、一石二鳥です。

三角巾をした女の子食費の節約のために安いむね肉や挽き肉で作った料理を食卓に並べることが多いです。私はちょっとくらいお肉がパサついていたり、同じメニューが続いても全く問題ありませんし、旦那も節約のためだからと分かってくれています。しかし、納得できない様子の家族が一人いるのです。それは子供。
子供は正直ですし、節約がどの程度大事なことなのか理解しきれていないようで、よく食事のメニューに対し不満を言います。おばあちゃんちで高級なステーキやお寿司を食べさせてもらう機会の多いうちの子供は、知らぬ間に舌がこえていた様子。。
私の作る節約メニューには文句ばかりで困ります。私も安い食材でなんとか美味しいものを作ろうと努力してみましたが、あまり料理の腕がないことから最近では別の方法に切り替えました。
それは、子供と一緒に料理を作って節約に協力してもらうやり方です。例えばむね肉を子供に包丁の背で叩いてもらい、すりおろした玉ねぎにつけて柔らかくする作業を手伝ってもらいます。すると子供はいつもより美味しく出来たねと言って喜んで食べてくれます。
どうしたらいまいちな食材が美味しくなるのか、たまに子供の意見を取り入れて実験したりもします。
他には節約に協力してくれたお陰として一ヶ月に一度くらいは子供の好きな料理を作ってご褒美にする等して、子供には料理も手伝ってもらうつつ、食費の節約も手伝ってもらっています。

僕は現在フリーターです。なのでぶっちゃけど貧乏です。特に給料前はお金がありません。
そんなときに僕がしてることを書きたいと思います。
まず食事についてです。食事なしには生きていけません。

稲穂1つ目、もやしを乱用する!
もやしはスーパーで格安なので、たくさん買ってもそれほど出費にはなりません。一番お気に入りのもやし料理は焼肉のタレで炒めるだけ!案外これがおいしいです。さすがに焼肉のタレだけだと飽きるのでバター醤油などで炒めたりもします。

2つ目、農家生まれの友達を作る!
農家生まれの友達が一人でもいると、実家であまった野菜をもらえたり古い米などをもらえるのでお金がかからず食べ物をゲットできます。

次にお金をゲットする方法です!
1つ目、親に素直にお金がないと、頭を下げることです。生きるためには恥を捨てることが必要な時もあります。後で必ずなにかをして返すことも大切です。

2つ目、友人に何かをしてあげることです。
例えば部屋を掃除してあげる代わりに報酬としてお金をもらうなど、友達が面倒でお金を払ってでもやってほしいけど、業者は高いしそこまでの完成度は求めてない、といったときに成立します。

最後に家にある要らないものを売るです。
服やゲーム、漫画などは状態が良ければ中古屋などに売れるので、もう要らないものがあれば整理整頓も兼ねて売るのがいいと思います。
またオークションなどもお勧めですね。

お休みの日って皆さんどうしてますか?

うちは土日関係なくパパが仕事なので、結局家でゴロゴロして終わ…りたいのは私だけで、子供たちはすぐに「ママーどっか行きたーい!どこどこデパートでゲームやりたーい!」と一人がごね始めると、3人ともがゴネゴネして本当にイライラしてくる事があります。

3個のおにぎりなるべく希望通りにしてあげたいけど、出費がかさむし…と、悩む事が多いです。そんな時は車で20分位の走って遊べる広めの公園へ連れて行くのですが、その前に、子供たちにこう言ってみました。

「○○時に出発するから、それまでに30分あるの。ママはおにぎりとお茶の準備と洗濯物を干したりしたいから、みんなにはここを片付けてほしいんだ!××はこっちの部屋、△△はおもちゃを箱に入れてほしい!きれいになったらママが掃除機でビューッと掃除しちゃうぞ~!!ヨ~イドン!!」

と言うと、上の男の子は燃えるように一生懸命に走りながら片付けをしてくれて(笑)、一番下のチビ(1歳)にも「これナイナイして♪」と頼むと、その一角に収めにいくかと思いきやその中のものを一生懸命出してて、逆に笑ってしまいました。

皆一斉に同じ事をやると、私も早くこなせて時間の節約になるし、子供たちに褒めて感謝する事で、さらに燃えてくれるので、あっという間に部屋がキレイになりました。いつも甘いジュースの飲みたがる次男坊も、働いた後の冷たいお茶を飲んで「おいしぃ~~~!!」と言っては満足げな顔でした。

基本的にお金がかかりそうな場所にはあまり行けないので、安価ですごせる公共施設を利用する事が多いです。

1年前に3番目の子供を産んだ体型も気になっていたのもありますが、初めて利用した市民プールで意外だったのが、子供たちと2時間一緒にガッツリ遊ぶって事がこんなにも楽しくて、久しぶりにこんなに笑ってる自分に気がついた事もありました。

お昼ご飯は持参して図書館に連れて行くと、好きな紙芝居を「読んで~」と持ってきては、「次はこれ~」と繰り返していました。本に飽きた頃に、2階にある食堂コーナーでお昼ご飯を食べます。

家にいても、光熱費はだけでなく、なぜか食費がかかる(冷蔵庫や戸棚から好きなお菓子などを取り出しては食べちゃう)ので、こういったお出かけならかえって安上がりかもしれません。