月次アーカイブ: 10月 2017

大皿料理私は主婦として家計の管理をしています。 旦那様の稼いだお金をいかに少なく使うかをモットーに 節約生活を行っています。 その際に気になるのがやはり 旦那様が節約に非協力的!だということです。 結構こういった家庭の方もいると思われます。

そして私が編み出したのは、 「勝手に協力している状況を作る」ことです。 いくら協力を求めようにも意識が低く危機感がない旦那様は 節約などなあなあにしてしまう傾向にあります。 注意しても「あぁ…」って程度の反省ですし… 。そして私は旦那様が勝手に協力している という状況を作ることに成功しました。 それは至って簡単です。 旦那様にお願いする必要もありません。

①BOXティッシュを半分にカット!
ティッシュって、1枚じゃ足りない時もあれば 1枚もいらなかったなんてことありますよね。 そういう時にはこの方法を使います。 旦那様も小さいBOXティッシュしかなければ それしか使えないので勝手に協力してくれますよ♪

②料理は大皿で出してガス代&水道代節約
小鉢料理をちまちま並べるのではなく 大皿料理をどんと出すことによって、 ガス代、洗う際の水道代が節約できます。 旦那様は出された料理を食べるだけなので 勝手に協力してくれてます。

③湯船よりシャワー、湯船なら半身浴
よく30分のシャワーは湯船に湯を張る程の量を使っている 、なんて言いますがそれは節約にはなりません。 30分溜めた湯で、 体を温めながら髪や体を洗う事が難しいからです。 だから結局シャワーを使うことになると思うんですよね。 なので結果的には体を温めながら洗えるシャワーが節約になります。

ですがシャワーを拒否された場合には 、半身浴程度の湯しかはらないようにしています。 体積でかさましも出来ますし、 全身浴とさほど変わらない温まり方ができるからです。 これも旦那様は用意された湯船に浸かるだけなので 、勝手に協力してくれていることになりますね。

要は協力してくれない旦那様には何も求めずに、 こうやって勝手に協力させることが一番だと思うのです。 ストレスとも上手く付き合えると思うので 是非一度お試しあれ!