我慢する

自動販売機出掛ける時などに、コンビニや自動販売機で飲み物を買わずに自宅から持参するようにしています。以前までは、出掛ける度にコンビニや自動販売機でジュースやお茶を買って飲んでいました。また、主人は毎日仕事中に缶コーヒーを買っていました。今年の夏からマイホーム貯金の為に節約しようと家計簿をつけてみた所、1ヶ月の飲み物代が約5,000円もかかっている事が分かりました。

それからは、外出時には水筒に飲み物を入れて持参するように変更。実践してみた所、魔法瓶の水筒に入れれば自動販売機と同じで冷たい飲み物や温かい飲み物が飲めたので、特に不自由はありませんでした。主人にも、毎朝魔法瓶の水筒にコーヒーを入れて持参してもらうようにしましたが、特に不便さは感じていないようです。

コンビニでお茶のペットボトルを買えば150円くらいしますが、150円あれば家で沸かす麦茶パック(60回分)が買えるので、相当な節約になっています。また、家で飲むお茶も以前まではお茶を沸かすのが面倒な時には2リットルのペットボトルを購入していましたが、それを止めたのもかなりの節約につながりました。

1日では150円程度の節約ですが、1ヶ月で5,000円、1年では約60,000円もの節約になる予定なので、1年後の来年が今から楽しみです。

赤い手袋電気代の節約に励んでいます。以前は冬場になると1万円を超す電気代に7千円ほどのガス代がかかっていました。今はオール電化ですのでガス代がなくなってます。エアコン関係を使わない月は7千円程度の電気代ですが今は1万1千円ほど。節約や意識してないと1万3千円は軽く越えていきます。なので節約としては2千円~3千円ほどです。

具体的にはまず、平日の昼間、自分一人のときは暖房器具を全く使わないことです。皆が出かけた途端にエアコンやコタツの電気を消します。止まっていると寒さを感じますので意味もなくバタバタとして家事をこなしています。また家には誰もいないことからどんな格好でもします。厚手の靴下を履き、ネックウォーマーをつけ、時には手袋も。

また朝の8時までが電気代が安いのでそれまでに夕食の下ごしらえをしています。カレーなら煮込みまで終えて、夜は温めるだけにしとけば夕方も楽ですし。ほんのちょっとですけど積み重ねれば全然変わってくると思います。洗濯も同じ理由で朝の8時まで。間に合わなければ夜の8時から回します。

そして家族が帰って来てからは思い切り、電化製品を使いまくります。子供は医療費が安いのでいいけど夫が風邪を引くと病院代がかかる上、仕事も日給分が引かれるので。こうなったら私が実践してる節約分より何倍ものお金が飛んでいくので風邪を引かせないようにメリハリをつけて電化製品を使っています。

手で丸をつくる女性私はスーパーやコンビニでもこれが食べたいと思っても我慢しています。お腹が空いている時に買い物に行くとどうしても、あれもこれもとかごの中に入れて買ってしまいます。これでは駄目だと思い、買い物に行く前には必ずご飯を家で済ませてお腹を満腹にした状態で行きます。そうすると何を見ても食べたくならないし、必要な物だけ買うことが出来ます。

でもどうしてお菓子やデザートに目が行ってしまい、ついつい買おうとしてしまいます。その時はグッとこらえて我慢です。そして今日はこれとこれが食べたかったけれども買って食べたつもりで、その金額を計算して貯金箱には買ったつもり貯金箱と決めてお金を入れています。つい最近から始めたばかりなので金額的にはまだ2週間で今の所1700円位にしかなっていませんが、これを一か月と考えるとかなりの金額、そして1年するとかなりの金額が貯まるんではないかと、今からワクワクしています。

我慢は辛いですが、慣れてくると自然に自分自身それに慣れます。そして買い物以外は財布には100円しか入れて歩きません。お金を入れて歩くと、どうしても少しくらいならと気持ちが大きくなります。それでは買ったつもり貯金が挫折してしまうので、財布には買い物や必要以外500円しか入れて歩きません。

500円で5日、1日100円計算です。そして買ったつもり貯金の他に5日で500円使わなければ、またそれを使ったつもりで貯金で来ます。毎回この繰り返しも同じく2週間で1000円です。でも買ったつもり貯金と合わせると、もうすでに2700円です。これをこの先もっと節約して買ったつもり貯金と1日100円計算のお金をためて行くと考えると楽しいです。

年をとっても働いている母親を連れて、家族旅行に連れて行くという夢があります。そういう夢があるから頑張れます。支払いを早く終わらせる為でもあります。買ったつもり貯金は思いの他に貯まると自分でも期待しています。その為にはやはり強い気持ちが一番大事です・

吊革につかまる女性私は学生で、アルバイトだけでは身の回りのことをまかなえないので、学校で食べる際のお昼のご飯代や、出掛ける際の交通費を両親に出してもらっています。そんな、学生なりの節約方法です。

まずお昼代について。例えば学校にある生協で、200円近くで販売されているカップラーメンがあるとして、これをスーパーで購入すれば150円以下で購入出来ます。さらにディスカウントストアで購入すればものによっては100円を切る場合があります。そこで購入したものを学校に持参して、本来払うはずだった200円-実際に購入した金額=○○円を、貯金箱に入れます。

次に交通費について。公共交通機関を使えば交通費がその分かかるのは当然です。目的地まで遠くない場合は、公共交通機関に乗るのを我慢して歩く。また、料金が変わる手前の駅で降りて歩く。そしてこれも本来払うはずだった交通費-実際に払った交通費=○○円を貯金箱に入れます。いつもより歩くので、女性の方にはダイエットにもなります♪

また、外出先の飲み物はいつもペットボトルという方はどれだけいるでしょうか。ペットボトルの飲み物を1本160円とすると、1週間で1120円の出費です。これを、毎日水筒を家から持参することで、単純に1120円浮くことになります。その浮いたお金も貯金箱に入れることが出来ます。

そして、『つもり貯金』という言葉は聞いたことがあると思いますが、『アイスが食べたい』のような『○○がしたい』という時に、実際に買わないで『食べたつもり』と考えて、浮いた分を貯金するようなものです。

ひとつひとつは小さな値段かもしれませんが、これをコツコツ貯金箱に入れることで意外と貯まります!ここまでの貯金方法で、私の今までの経験だと1週間に2000円ほどは貯まります。ちなみに、私は100円均一のお店に行くのを控えています。最近は100円でデザイン性の高いものや、機能性の高いものが数多く売ってあります。本当に欲しいものを買うときにはとっても便利ですが、ふらっと立ち寄ると、ついつい必要以上のものを手にとってしまいがちなので、あまり行かないようにしています。

私の節約術は“作り置き”に限ります。まず土曜日、午前中に買い出しに行きます。調理時間ができるだけ短くなるように、魚は調理できる状態にさばいてもらいます。南瓜も既にカットされているものを買います。単価はもちろんカット後のほうが高いけど、処理する手間や硬い南瓜を切る危険を思えばこの高さは許容範囲になります。
お弁当の基本メニューは決まっているのでそれに加え旬の物などを購入すると7,000円ほどになります。
7,000円と聞くと確かに高いですが、購入したら作ることが大切。土曜の夜から作り始めます。出来上がったものはしっかり冷ました後、保存容器に入れ、冷蔵庫へ。日曜も隙間時間にどんどん作成します。
切ったかぼちゃ私が作成するのは、焼き魚、肉じゃが、南瓜のオーブン焼き、肉味噌、ほうれん草(1回分ずつ冷凍)、シュウマイといったところです。月曜から金曜は朝起きたと同時にお弁当を詰めることで、お昼ご飯代節約。お昼も外で食べると何だかんだ平均800円くらいはします。
そして夜ご飯。肉じゃがはそのまま食べれますし、ルーを入れればシチューやカレーの出来上がりです。肉味噌も麻婆豆腐に早変わりしますし、ミートスパにもできます。
家にご飯がないから買って帰ろうということもありません。余分にスーパーに行く必要もありません。

計算をしましょう。
私は二人暮らしですので、もし二人ともすべて外食(夜も800円にします。)にすると、
(昼800+夜800)×5日×2人=16,000円。9,000円も差が出ました。外食の値段は場所柄にもよるでしょう。駅そばであればもっと安いです。しかしながら、昼と夜合わせて700円にしないと、自炊と同じ値段になりません。合計700円はきついですよね。
外食のほうが美味しいのは異論ありませんが、1年実施すれば、旅行に十分行けるお金がたまります。
作り置きを、娯楽のためにも是非おすすめします。

以前の職場では、皆さん昼食時は外食し、お弁当を持ってきている人がいなかったため、自分だけ持っていくのもよくないかと思いお付き合いのようにランチを食べに出ていましたが、今、職場が変わり、今度は皆がお弁当を持参します。そのため気兼ねなく私もお弁当を持っていくことができ、昼食代が大きな節約になっています。

ラーメン屋の外観以前の職場でもやっぱりお付き合いを時には断ったり、週1は外食で週4はお弁当にしたらよかったと後悔するくらい、食費の金額がぐんと下がりました。手間だと思う方もいるかもしれませんが、夕飯のおかずを多めに作り、お弁当用にできるメニュー2種類もあれば、後はご飯を詰めておしまいです。とても簡単なシンプルなお弁当ですが、私には十分です。職場の方々のお弁当を見ても、皆さん同じような内容のお弁当を食べています。

ランチでも、外食したら、700円800円は使います。コンビニでお弁当を購入したら、飲食店へ行くよりは安くあがっても、自宅で作るお弁当の食材代に比べたらまだまだ浪費していると思います。後は、お弁当のほかに、水筒も持参しています。仕事で外出する時、コンビニや自動販売機で飲料を買わずに済むようにしています。

結婚して18年、主人は今の会社で4つ目の働き先となります。丁度、バブル崩壊時期の社会人なので、もともと高収入ではありませんでした。

がま口の財布一つ目の会社は、給料日に給料が振り込まれない事もしばしば、給料日にちゃんと振り込まれた時はホッとしたものです。

二つ目はアルバイトの様な雇用で不安材料が多い為、諦めました。

三つ目は、かなり期待出来る会社で、安心して暮らせるはずが、一年程で経営難に追い込まれました。ボーナスがどんどん少なくなり、ボーナス日に支給されなくなり、最後はお食事券になりました。

四つ目の会社は、気まぐれな所があり、ボーナスや手当の出る、出ないも報告がほぼなく、出る日にちも決まってません。今年も9月にある手当はカット、ボーナスも12月に変更でした。

大変なのは、それでも知恵を絞ってやりくりしていかなければいけない私です。子ども達もどんどん大きくなるし、生活レベルはどんどん上がります。

解決策は、とにかく生活のムダをなくしてスリムにする事です。必要な物と、欲しい物は違うので、毎月必要な物を優先的に買い、たまに頑張っている自分へのご褒美に欲しい物を買います。

でも、なぜか子ども達が欲しがる物は買ってあげたくなる、甘~い母ですが。

多分この先も急にお金に困らない生活にはならないと思いますが、家族みんなで仲良く暮らしたいです!

10年程前のこと。冬時期に高熱が出て出勤できず、仕事を1週間近く休むことになり、心配した同僚が、仕事の後わざわざ来てくれて「インフルエンザじゃないの?」と、病院に連れていってくれました。

私は元々病院嫌い、薬嫌いなため、少々のことでは病院に行くことはしないタイプ。その時もインフルエンザではなく、ただの風邪だと思っていたので、寝てればそのうち熱も下がるだろうくらいに考えていました。また病院に行けば医療費もかかることもあって極力医療機関には行かないスタンスでおりました。けれど、職場の人たちに迷惑をかけてはいけないので、同僚の勧め通り受診することにしました。

カプセルの薬結果、インフルエンザではなく、やはり風邪で、ああよかった、と安堵するも、「お薬を出しておきます」とお医者さん。受付で会計を済ませ、お隣りの薬局で薬代を払おうとすると・・・お金が足りない!!車で待っていてくれた同僚に、慌ててかけつけ、お金を貸してもらい、その時はなんとか助かりました。

それから数日後、ようやく熱も下がり翌日から出勤できそうという日。夕ご飯は何か美味しいものを食べようと、買い物に出かけようと財布を見ると、中身は50円玉1枚だけ。

あれ!?おかしいなと思って何度も確認するけどやっぱり50円のみ。しばらくして思い出しました。先日医療費に使ってしまったなけなしのお金のことを・・・。同僚に借りたお金も返さなくてはいけないし、ATMに預金をおろしに行こうと近所の郵便局に行くと、営業時間は過ぎていてATMのシャッターが下りていました。

その日の夕ご飯はやっぱりお粥だったのでした。

以前勤めていた会社の事業所の閉鎖のため、転職を余儀なくされました。

銀行の建物収入はかなり激減して、600万円あった以前の年収は約半分になりました。それでも生活水準を簡単には変えられず、今まで通りの付き合いを続け、最終的には住民税も払えないほどになってしまいました。
生活費の捻出と住民税の支払いのために消費者金融にも手を出してしまい、まさに自転車操業状態。借金の返済と税金の支払いのために仕事をしている状態になってしまい、仕事も本腰を入れられない状態で、精神面も含めて負のスパイラルから抜け出せなくなっていました。

なんとか立て直したくて、まず自分の出費を見直すために家計簿をつけはじめました。さらに無駄な出費を抑えるために自炊もはじめました。その自炊も本当にお金のない時は、もやしを炒めたものだけを食べる等して何とか乗り切りました。